【簡単】After EffectsでGIF動画を作成する方法!

After Effectsでの、GIF動画の作り方を紹介していきます!

After Effectsから直接、GIFを書き出すことは出来ないのですが、

Photoshopを使うことによって、簡単にGIF動画を作成することが出来ます。

 

今回はこちらのGIF動画を制作していきます!

 

 

 

本記事の内容
  • GIFにしたい動画を作成
  • レンダキューに追加
  • mov書き出しの設定
  • Photoshopを起動
  • GIFで書き出す
  • 完成
  • おわり

 

GIFにしたい動画を作成

 

まずはAfter EffectsGIFにしたいものを作成します。

新規コンポジションを作り、GIFにするための動画を作って下さい。

 

 

今回の動画は上記のようになっています。

 

movで書き出す

 

レンダキューに追加

 

次にこれを、movで書き出します。

 

aviだと不具合が起きる可能性があります。

 

コンポジションレンダーキューに追加します。

 

 

[ファイル] → [書き出し] → [レンダキューに追加]

 

レンダキューに追加されると下記のようになります。

 

 

mov書き出しの設定

 

movで書き出すための設定をしていきます。

[ロスレス圧縮]という項目をクリックします。

 

 

形式QuikTimeに設定します。

 

 

形式
QuikTime

 

また、形式オプションアニメーションに設定します。

 

アニメーションに変更したい場合は、[形式オプション]をクリックします。

 

 

[形式オプション]をクリックすると下記のような画面になり、

アニメーションを選択できます。

 

 

コーデック
アニメーション

 

mov設定が出来たら、[レンダリング]をクリックして動画を書き出します。

 

 

 

webサイトにアップする場合は、なるべくサイズを軽くすることをオススメします。

TwitterなどのSNSであれば、比較的サイズが大きくても大丈夫です。

 

 

Photoshopを起動

 

無事に動画を書き出せたら、次にPhotoshop起動します。

 

 

[ファイル]から先ほど保存したmov動画を開きます。

 

 

[ファイル] → [開く]

 

すると下記のような画面になります。

 

 

タイムラインが表示されるかと思います。

 

GIFとして書き出す

 

 

[ファイル] → [書き出し] → [Web用に保存(従来)…]

 

すると下記のような画面になります。

 

 

書き出しGIFに設定します。

 

 

 

[保存]をクリックして書き出しをします。

 

 

下記のような画面が出てきたら、[OK]をクリックして下さい。

 

 

完成

 

 

 

おわり

After EffectsだけではGIF動画を作成することは出来ませんが、

Photoshopを使うことで簡単に作ることができるので、是非やってみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です